目的別

貯蓄目的の学資保険

貯蓄をするための保険、それが学資保険です。
保険をかけつつ、貯蓄していき、満期が来ればその保険金を受け取ることが出来ます。
学資保険は満期を自分で決めることが出来ます。

高校卒業や大学卒業などに合わせて設定し、コツコツと保険料を払えば、満期にはそれより上回る保険料をもらうことが出来ます。
また、金額も貰う前に計算して受け取れる額を想定することが出来ますので、将来設計が非常に立てやすくなります。
保険内容も充実してますから、万が一の場合でも、安心して貯め続けることが出来ます。

また、各学校の入学時には祝い金や、契約者の死亡時や満期までは育英年金が出ることもありますので、教育費の助けにもなりますし、お孫さんのために、とお考えの方でも安心できるのではないでしょうか。
貯蓄にプラスして保険などがありますので、ただ貯金する、ということだけでない学資保険は、とてもいい機能を持ったものであると言えるでしょう。
しかし、学資保険には様々な条件などがありますので、必ずしも、皆様にとってお得である、とは言えません。
場合によっては、銀行や郵便局口座で貯金をした方がいいということも充分にあり得ます。
こういった方法もある、として検討されるといいでしょう。

【参考文献】
学資保険の貯蓄型・保障型の詳細
http://www.mainichikentei.jp/tyokikugatahosyougata.html

このページの先頭へ