目的別

学資保険加入時の年齢と保険料

学資保険は0歳から加入することが出来、3歳までに加入するのが良いというのが通常です。
しかし、最近では7歳まで加入できる保険も増えてきたため、多少の猶予が出来てきました。
学資保険は0歳児に加入した場合が一番保険料が安くなっています。

0歳と7歳とで加入すると、保険料は大きく違っています。
例えば200万を18歳までに貯める契約で0歳時点で加入すると保険料は1万程度ですが、7歳時点で加入すると1万5千円と高くなっています。
更に年齢が高い保険であれば、更にかかる保険料は高くなりますので、加入するには早め早めが大切です。

また、学資保険はお子様の誕生日が過ぎた後、契約日に給付されます。
契約する際にはお子様の誕生日直後を選ぶようにしましょう。
また、中には教育費がまだかからない小学生の間に保険料の払い込みを終わりたいと考える方もいると思います。

中には、払い込みを5年、10年と短期間で設定することが出来るものもあるようです。
その場合は保険料は高くなりますが、お子様が幼いうちに払い込みを終えることで返戻率がとても高くなります。
また、妊娠中に加入することも出来ます。
これは0歳時点で加入するのと保険料や給付金は変わりませんが、お産後は慌ただしくなり学資保険について考える余裕がないかもしれないということで、取り扱いが出てきたようです。
まずは、学資保険の資料請求をしてみましょう。

【参考文献】
学資保険はいつ入るべき?
http://www.archivescalifornia.com/si/_cl_/

このページの先頭へ