目的別

契約者は両親どちらを選んだほうがいい?

保険に加入する場合は通常ならば世帯主が契約者となると思います。
しかし、学資保険では子供の面倒を見たり家庭のお財布を握っているためお母様が契約者になる場合も少なくないようです。
ですが契約する場合にはよく考えて契約者を決めなければなりません。

懸念される可能性としては、まず契約者様の死亡した場合です。
その場合、もし名義をお母様にしていた場合、もしも大黒柱であるお父様が死亡した場合でも、契約者であるお母様は健在であるので保険料免除を受けることが出来なくなってしまいます。
そうすると生活が苦しくなってしまいます。
ただ、お母様の収入が多い場合には問題ありません。

次に、万が一離婚してしまった場合です。
近年離婚する夫婦というのは、増えている傾向にあるようですが、そうした場合、お母様が親権者になることが多いそうです。
その時に契約者をお父様にしていた場合、血は繋がっていますので、変更していなくても問題ありませんが、その後に何かあった場合お父様と連絡を取ることが出来るのか、保険料を払ってくれるのかという部分が問題になります。
学資保険の解約手続きは契約者でなければいけません。
連絡が取れなくなるのであれば、名義変更をしておくことが必要になります。

このページの先頭へ